記事詳細

1歳を過ぎるとそろそろ卒乳かな、と考え始めます。できればずっと母乳をあげられればいいのですが、お仕事復帰も決まり、保育園、託児所に預けることになるため、卒乳をしたいのになかなかできないというお子さんも多いです。卒乳できないのも1歳過ぎなら特に問題はないように思います。お乳が大好きで長くて5歳くらいまで飲んでいた子もいます。やめないといけない理由がない場合は特にやめる時期を決めなくて良いと思います。前述の通り、仕事をするためにあげることができなくなる、というママ以外は、飲みたいだけ飲ませてあげましょう。また、歯が生えてきて口の中が不快になってやめるという子もいるようです。栄養を食事で摂れるようになれば卒乳しても大丈夫です。

卒乳する時期というのは特に決まっていませんが、ママが仕事復帰を考えていたり、家庭の事情で決めれば良いと思います。とはいえ、いきなり今日からお乳はあげない、というのもとてもかわいそうですので、少しずつ、回数を減らすなどして、卒乳をしていくのが望ましいですね。保育園や託児所に預かってもらうことになると、日中お乳をあげることは不可能になります。預けるまでに3回食を進めて栄養を食事から摂れるようになることがベストです。お乳をあげたくてもあげられませんので、自然と卒乳の流れになるといいですね。ミルクや牛乳を飲む子であれば、そちらに移行するのもいいですね。いずれにしろ計画的に卒乳の流れにもっていけるとママも安心ですね。

1歳前後で仕事復帰をされるママは多いと思います。復帰までに卒乳できていれば問題ありませんが、まだ続いている場合、どのようにすれば良いでしょうか。風俗でお仕事されているママは断乳できていないと大変なこともあるかもしれません。卒乳ができず、母乳で育児を続ける場合は、搾乳をして保存するという方法もあります。この場合は保育園や託児所に預けて、食事のときにあげてもらう方法です。体調管理が思ったより大変ですので、あまりオススメはしません。卒乳の方法としては、食べ物で栄養を取れるようにすることです。お腹いっぱいに食事ができれば、お乳は飲まなくても大丈夫、となるからです。この方法がママにとっても子どもにとっても良いのではないでしょうか。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】