記事詳細

一人旅で川越にやってきたのだが、埼玉県民の友人にその話をするとわざわざ遠くから旅行でやってくるような場所ではないと言われてしまった。しかし個人的には川越は魅力的な街だと感じている。その理由とは、東京にあれほど近いのにもかかわらず江戸っぽさを味わえる小江戸が近くにあるためだ。川越の魅力はそれがあるだけでも十二分に自分にとってみれば魅力的だ。都内から埼京線に乗って川越にやって来た時にはその時点で結構興奮している自分がいた。ホテルもそこそこ広めの所を予約してあったので気持ち的にも上がっている。都内で宿泊するのも良かったのだが、朝から晩まで川越でじっくりと楽しみたかったため、迷わずホテルを予約した。都内と比べたら部屋の広さもどこか一回り大きいような気がするし、何よりものんびりとした雰囲気の川越の街が気に入ってしまった。到着したのは夕方だったので、どのように過ごすか悩んだのだが、デリヘルを呼んでみることにした。一人旅をする時には必ずと言っていいほどその土地でデリヘルを呼ぶ。誰にも話したことは当然ないが、自分だけのひっそりとした楽しみの1つだ。自宅から遠く離れた土地でデリヘルを呼ぶのであれば誰かにバレるという心配もないし、後ろめたさを感じることもない。まさに至れり尽くせりである。川越のデリヘル店事情がどのようなものかはあまり把握していなかったが、スマホで検索して良さげなお店をチョイス。自分と同年代の女性が多く在籍していそうな人妻店を選んでみた。どこかのんびりとした雰囲気の街の女性がどういったエロいプレイをしてくれるのかとワクワクしながらシャワーを浴びて缶ビールを開けてテレビを見ながら待っていた。そして小一時間後にやってきたのが小柄で可愛らしい女性。とても人妻には見えないタイプのデリヘル嬢であったが、年齢はまさかのアラサーだった。逆にサバを読んでいるのではないかと思えるほどの容姿で、早速シャワーを浴びてからプレイ開始。体つきは胸は普通で肉付きも程よくキレイだったので思わずマジマジと見てしまった。恥ずかしがるデリヘル嬢の姿が何ともたまらずに興奮。プレイはフェラから始まり一通りを終えてから、軽く雑談。一人旅でやって来たことを言うとどこか驚かれた。自分の周りにいるタイプの人間では無かったそうで、結構驚いたということだった。プレイを終えてから全裸でベッドに横になり、明日の朝から川越で回る場所をチェックして、そのまま眠りについた。お金に余裕がもしもあったら明日の夜もデリヘル嬢を呼ぶかもしれない。

川越風俗デリヘル 川越人妻城